CBDの特質

CBDリキッドはどんなアトマイザー(クリアロ or RDA)が良いのか?

投稿日:2017年10月3日 更新日:

CBDリキッドにはどのようなアトマイザーが良いのか?

とても気になる人は多いと思います。

僕もCBDリキッドのファン代表として、この課題は避けれは通れない問題だと思っています。

Natuur 日本総代理店へのヒアリング

オランダのCBDブランド「Natuur(ナチュール)」。

NATUuRの日本総代理店に、CBDリキッドのおすすめの吸い方を聞いてみました。

すると、

今流行りの爆煙ハイパワーVapeデバイスは、CBDリキッドには不向きとのこと。

爆煙ハイパワーVapeデバイスは、そのハイパワーで一気にCBDリキッドを大量のミストにしてしまうため、ミストにCBDが乗り切らないとのことです。

確かに、CBDはあまり熱には強くないと、よく目にしますが…

また、クリアロマイザーで低抵抗値・高出力で使用すると、コイルの消耗が非常に早いです。

CBDリキッドは、「爆煙ハイパワーVapeデバイス」は向かない、というのは頷けます。

Koi 日本総代理店へのヒアリング

アメリカのCBDブランド「Koi(コイ)」。

Koiの日本総代理店に、CBDリキッドのおすすめの吸い方を聞いてみました。

すると、

おすすめは、「RDA」こと。

CBDリキッドでクリアロマイザーだとコイルの消耗が早く高くつくし、味の出方も違うとのことです。

確かに自分でビルドできれば、Vapeデバイス及びビルド道具を揃える初期費用はそこそこしますが、コイル代はとても安く済みますし、なにより味がいい。

そこまで低抵抗値・高出力にしなければ、CBD感は損なわれないし、ビルドしたコイルの上にCBD結晶パウダーをまぶしたり(かなりこぼれるが 笑 )、CBDワックスを盛ったり、と様々なCBDの楽しみ方が出来ます。

またCBDリキッドの宿命、結晶化に対しても、RDAなら気にせずそのままでも楽しむことができます。

ビルドするのは確かに手間ですが、逆に毎日違う味を楽しむこともできます。

まとめ

Vape・CBDリキッド初心者の方は、手間を掛けずにクリアロマイザーが良いと思います。コイルの消耗が早いので、コイルが安いデバイスを選ぶ方が良いと思います。

一気に吸引しすぎて、ミストが辛く変な味になっても、一晩置けばコイルの熱が下がり、もう1〜2日は楽しむことができます。

自分でビルドできるようになれば、もっと美味しく様々なCBDリキッドの楽しみ方ができます。RDAの方がコイル代は節約できますが、今度はCBDリキッドの消耗が早くなりますので、コスト的には往って来いだと思いますが、その分CBDにコストをかけることができます。

どちらが良い、というか、TPOに合わせて、どちらも使用していくのが良いんじゃないかと思います。

僕の最近は、

外出時やビルドするのが面倒な時は、ペン型クリアロデバイス。週末の自宅で、今夜はしっかりまったりリラックス感したいなぁという時は、RDAデバイスを使用しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エイジ

一時期1日18時労働のブラック企業に勤務。効率的な睡眠とハイパフォーマンスな日々を求め、禁煙を決意し自己啓発に勤しむ。CBDに出会いCBDのパワーに助けられ「CBDのある生活」を研究する35歳。

-CBDの特質

Copyright© Life with CBD , 2018 All Rights Reserved.