CBDの特質

CBDリキッドがイマイチ体感できないという方は…

投稿日:2017年9月12日 更新日:

CBD(カンナビジオール)の体感は個人差があり、人によってはとても体感する人もいれば、とくになにも感じない人もいます。

お酒などでも人によって体感に大きな差があるように、CBDに関しても体感の個人差は止む終えません。

しかし、ちょっとしたことで、CBDを上手く摂取できていない人もいるようなので、CBDリキッド摂取の際のコツというかポイントをまとめてみました。

高出力・低抵抗値はNG

CBDリキッドには高出力・低抵抗値のVapeデバイス(アトマイザー)は不要です。

CBD自体は熱にあまり強くありませんし、高出力・低抵抗値のハイグレードデバイスは瞬間的に大量のミストを放出するのでCBDがミストの乗ってきません。

よく売れてるeGo AIOPockeXなどのALL in ONE(ペン型)タイプのデバイスで十分です。というかCBDリキッドの摂取についてはこちらの方が良いです。

iStick PicoなどBOXタイプを使用したいというのであれば、もともとついている純正のクリアロマイザーで、ワッテージを上げすぎず(最高25w程度)、コイルの抵抗値も0.5Ω以上が望ましいです。

Vapeデバイスにお金をかける必要がありません。これはCBDリキッドのちょっとしたメリットかもしれません。

ゆっくり吸ってしっかり肺に溜める

CBDリキッドは肺に吸い込み、しっかり溜めることが重要です。僕個人は吸い込んたあと、最低10秒は肺に溜めます。

CBDは肺から吸収され血液を通り、身体に巡っていきます。ですから、肺から吸収されるまでしっかり待つことが大切です。

ミストを肺に溜めることが苦手な方は、CBDオイルで口内直接摂取することも可能です。

しかし口内直接摂取は胃で様々な食べ物と混ざってしまったり、また水分などに溶けてしまい、摂取効率が悪いです。

摂取効率を考慮するとミストでの摂取をおすすめします。

他メーカーのCBDリキッドを試してみる

CBDの元となるペンプ(麻)は各メーカーによって違います。

例えば赤ワインが産地によって全然違うように、CBDもその産地よって違いがあります。

ですから、あるCBDメーカーのリキッドはあまり合わなかったが、他のCBDメーカーのリキッドはとてもよかったという人も多くいます。

日本国内で買える有名なCBDリキッドブランドは3つあります。Koi(コイ)、NATUuR(ナチュール)、Pharmahemp(ファーマヘンプ)です。Koiはアメリカ産、NATUuRはオランダ産、Pharmahempはスロベニア産です。

他のCBDリキッドを試してみるのも一つの方法です。

CBDパウダー(粉末)でCBD濃度を高める

単純にCBDに対する耐性が強いという人もいます。

そういう方には、CBD99.9%のCBDパウダーをCBDリキッドに混ぜ、CBD濃度を上げるという手もあります。

CBDパウダーをリキッドに混ぜることによって、自分好みに濃度を調整することができます。

NATUuR - Pure CBD Powder(パウダー) 1.0g の詳細はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エイジ

一時期1日18時労働のブラック企業に勤務。効率的な睡眠とハイパフォーマンスな日々を求め、禁煙を決意し自己啓発に勤しむ。CBDに出会いCBDのパワーに助けられ「CBDのある生活」を研究する35歳。

-CBDの特質

Copyright© Life with CBD , 2018 All Rights Reserved.