大麻

日本の医療大麻が大きく前進!?厚生労働省がEpidiolexを治験に…

投稿日:

これまた、とーても熱いニュースが飛び込んできました。日本の医療大麻業界に激震です!

秋野議員と厚生労働審議官のやりとり

 

2019年3月19日の国会での、沖縄および北方問題に関する特別委員会にて、公明党の秋野公造議員が行った質問に対し、厚生労働省は下記の見解を示しました。以下、やり取りの要約抜粋です。

秋野議員:
米国で大麻から作られたエピディオレックスが難治性てんかんの治療薬として承認されています。この薬を医師が個人輸入して患者の治療に用いることができますか?

厚生労働官房森審議官:
大麻由来のEpidiolexが重度のてんかんの治療薬として承認されたと承知しております。我が国の現行法の下では当該医薬品を施用することはできず、輸入することもできません。

秋野議員:
医薬品としてダメということであれば、治験として用いることはいかがでしょうか?

森審議官:
大麻研究者である医師の下で、厚生労働大臣の許可を受けて輸入したエピディオレックスを治験の対象とされる薬物として国内の患者さんに用いるということは可能であると考えます。
なおこの治験は適切な実施計画に基づいて、計画で定められた対象に限って実施されるということが必要ですし、計画書が提出された場合にはその内容をしっかりと確認する必要があると考えています。

秋野議員:
治験として行うことができる。という踏み込んだ回答に感謝します。
大臣にお願いです。治験が滞りなく行われるよう、後押しをお願いしたいと思いますが、御見解をお願いします。

宮腰大臣の回答:
治療の選択肢が更に広がるよう、必要な対応を行なって参りたいと考えております。

引用:http://www.greenzonejapan.com/2019/03/19/kokkai/

エピディオレックスって?

「Epidiolex(エピディオレックス)」とは、CBDを主原料とした癲癇(てんかん)製薬で、米食品医薬品局(FDA)にも承認されている治療薬です。

CBDが主原料ですが、大麻の茎以外から作られているので現在の日本では扱えません。

エピディオレックスを作ったイギリスのバイオ企業 GW Pharmaceuticals(ファーマシューティカルズ)は、現在用いられているてんかん用の承認薬である AED(Anti-Epileptic Drugs) が幼児期から小児期に発症するてんかんの一種、レノックス・ガストー症候群や、乳幼児に痙攣を引き起こすドラベ症候群には必ずしも有効ではないものの、エピディオレックスのようなカンナビノイドであれば発作の頻度を大幅に減らす効果があると述べています。

まとめ

いままで厚生労働省は「ダメゼッタイ」しか言わず、医療大麻に関しても「大麻だからダメゼッタイ!」。研究も治験に対しても全く前進がないと思っていました。

が、

厚生労働省が大麻由来のエピディオレックスを知っているということが嬉しく思います。

治験や研究が大きく前進しそうです!治療の選択肢が更に広がるよう、必要な対応を行っていただきたいですね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エイジ

一時期1日18時労働のブラック企業に勤務。効率的な睡眠とハイパフォーマンスな日々を求め、禁煙を決意し自己啓発に勤しむ。CBDに出会いCBDのパワーに助けられ「CBDのある生活」を研究する35歳。

-大麻

Copyright© Life with CBD , 2019 All Rights Reserved.