CBDリキッドレビュー Koi NATUuR PharmaHemp 人気記事

2018年決定版!CBDリキッド個人的おすすめランキング

投稿日:2017年11月8日 更新日:

すっかりCBDリキッドにのめり込み、20種類以上のCBDリキッドを試してきました。

今回はその総まとめとして、「CBDリキッド個人的おすすめランキング」と題しランキング形式でまとめてみました。

今後とも良いCBDリキッドに出会えれば適宜更新していきます。

CBD感ランキング

まずは「CBD感」ランキング。CBD感とは簡単にいうと如何にリラックス感があるか?まったりホッコリできるか?ということです。

それでは早速いってみましょう!

第1位 PharmaHemp CBD E-LIQUID PREMIUM BLACK 500mg

第1位はPharmaHemp社からNewリリースしたプレミアムブラックシリーズ。

従来のPharmaHempCBDリキッドとCBD濃度は同じ5%ですが、圧倒的に違う仕上がりになっています。同じ濃度でもフルスペクトルになるとこんなにも違うのか と嬉しビックリです。

なかなかCBD感をキャッチできない人も、プレミアムブラックならキャッチして貰えると思います。

これでダメなら諦めます!w

 

第2位 Pharma Hemp CBD E-LIQID 500mg

第2位はPharma Hemp(ファーマヘンプ)のリキッド。10mlに500mgのCBDが入っています。CBD濃度でいうと5.0%になります。

フルスペクトル仕様がリリースされたもののPharmaHemp社のCBDリキッドは相変わらず素晴らしい!

特にもう言うことはありません。とにかく一度味わってみて欲しい。いままでCBDリキッド吸ったけどイマイチだった人にこそ一度吸ってみていただきたい。

間違いないです。

 

第3位 NATUuR CBD E-LIQID 420mg

第3位はNATUuR(ナチュール)の新リキッド。10mlに420mgのCBDが入っています。CBD濃度でいうと4.2%になります。

CBD感に定評のある本場オランダ産のNATUuR。さすがと言わんばかりのCBD感です。3〜4パフ数分でしっかりマッタリになります。

人によっては1位で紹介したPharmaHempよりナチュール420の方が良いという人もいますが、僕的には3位です。

 

第4位 Koi CBD VAPE Juice 1000mg

第4位はKoiのリキッド。30mlに1000mgのCBDが入っています。CBD濃度でいうと3.3%になります。

Koiだけ30ml入りなので、3倍吸うと一番CBD感があるかなぁと思いますが、今回はあくまで同じ量を吸った段階での比較として4位としました。

 

番外編 CBDパウダー

CBD感に最も重要なことはなんといっても濃度(摂取量)です。

PharmaHempの5%リキッドやNATUuRの4.2%リキッドでも稀にCBD感を感じないとおっしゃる方がいますが、そんな方でもCBD99.9%のパウダーをそのまま摂取すれば確実にCBD感を感じることができます。

ただ、CBDパウダーをそのまま摂取するとそれなりの費用になりますし、そのまま摂取している姿はちょっと怪しい姿になります。笑

ですのでPGなどでCBD高濃度液を作ってからお好きなリキッドと混ぜて使用することをおすすめします。

メモ

CBDリキッドにそのままCBDパウダーを投入しても溶けるのは溶けますが時間かかります。時々振りながら小一時間は必要です。(リキッドの種類や気温等によっては溶け方が悪い場合もあります。)

Check
小さなマリファナ「益母草(ヤクモソウ)」とCBDパウダーでCBDジョイント喫煙してみた

続きを見る

 

美味しさランキング

毎日吸うものですから、美味しさもとても大事な項目だと思います。ただ味は好みもあると思いますのであくまで個人的なおすすめになります。

それで早速いってみましょう!

第1位 「Blue」Koi CBD VAPE Juice

第1位は、Blue Koi。ラズベリードラゴンフルーツミックス味。

ほのかなラズベリーの甘酸っぱさとドラゴンフルーツの爽やかなが合わさり最高に美味しいリキッドに仕上がっています。

フルーツ系なのに全く甘すぎず爽やか。一度吸い始めると止まらなくなる美味しさでいくらでもいけてしまいます。

Blue Koi のレビューはこちら↓

Check
Blue Koi CBD リキッドレビュー|一番人気のラズベリードラゴンフルーツ味ようやくゲット!

続きを見る

 

第2位 PharmaHemp「Hemp」

第2位は、PharmaHempのヘンプフレーバー。

こちらは美味しいというか、再現度のクオリティがハンパではありません。

故に好き嫌いがハッキリ別れるところだと思いますが、個人的には感動物の一品です。

PharmaHemp ヘンプフレーバーのレビューはこちら↓

Check
これは衝撃!!!PharmaHemp CBDリキッド ヘンプ5% レビュー

続きを見る

ヘンプフレーバーはカンナビスフレーバーにリニューアルしました。個人的にはヘンプフレーバーの方がパンチが効いており好みでしたが、カンナビスフレーバーはマイルドに仕上がっており誰でも楽しめるフレーバーになっています。

PharmaHemp PREMIUM BLACK カンナビスフレーバーのレビューはこちら↓

Check
VapeManiaさんでPharmaHemp E-Liquid「PREMIUM BLACK」Cannabis を試飲したら…

続きを見る

 

第3位 NATUuR「MARY JANE」

第3位はナチュールのメリージェン(カンナビスフレーバー)。

メリージェンというのはカンナビス(マリファナ)の隠語ですが、その名の通りモロカンナビスフレーバーです。

PharmaHemp社のヘンプフレーバーより青臭い感じで、より好き嫌いがハッキリするフレーバーだと思います。ヘンプ・カンナビス系フレーバーが好みの僕も初めは「コレはクセがなるなぁ〜!」と感じていましたが、吸えば吸うほどコレがまた病みつきw

一度メリージェンの旨さがわかってくると、もう止まらなくなります!

メリージェンのレビューはこちら↓

Check
NATUuR CBDリキッド新商品「420」シリーズ3フレーバーレビュー|Mary Jane(カンナビス)が…

続きを見る

 

第4位 「Pink」Koi CBD VAPE Juice

第4位は、Pink Koi。ピンクレモネード味。

ピンクレモネードの甘酸っぱさと柔らかな苦味が、いつまで飽きさせない美味しさです。

1位のBlueとこのPinkが僕の現在の常飲リキッドです。

Pink Koi のレビューはこちら↓

Check
日本一早いレビュー!新発売のニューカラーPINK Koi CBDを早速試してみた!

続きを見る

 

第5位 NATUuR「Purple Haze」

第4位は、NATUuR Purple Haze(パープルヘイズ)。ベリー×カンナビス。

こちらは2018年2月に追加された新フレーバーです。

NATUuRにはカンナビスフレーバーのMaryJaneがありますが、そのカンナビスフレーバーをベースにベリー風味となっています。

MaryJaneは癖が強く(雑草味がある)、PharmaHempのヘンプフレーバーより好みがハッキリ別れるところですが、

このパープルヘイズはカンナビスフレーバーでありながら誰にでも受け入れられる上品な仕上がりになっています。

パープルヘイズのレビューはこちら↓

Check
PURPLE HAZEがヤバい!VapeManiaさんでNATUuR新フレーバー4種を試飲

続きを見る

 

第5位 PharmaHemp「Mango」

第5位はファーマヘンプのマンゴー。

その名の通りザ・マンゴーです。吸い始めはまんまマンゴーですが後半はやや苦味が良い感じにブレンドされ後味スッキリ。甘すぎずフルーティーなリキッドです。

マンゴーのレビューはこちら↓

Check
PharmaHemp CBD E-liquid 500mg Mango(マンゴー)レビュー

続きを見る

 

第6位 NATUuR「Tangeline Dream」

第6位は、NATUuR Tangelite Dream(ダンジェリンドリーム)。タンジェリン×カンナビス。

こちらは新リリースされた420シリーズにしかない味です。

タンジェリンはオレンジの一種、ふんわりとしたオレンジ味が先にきて後から優しくカンナビスフレーバー。上品な味わいに仕上がっています。

CBDリキッドでは柑橘系フレーバーの種類が少ないので、柑橘系フレーバーが好みの人にはとても重宝される代物だと思います。

Tangelite Dream のレビューはこちら↓

Check
NATUuR CBDリキッド新商品「420」シリーズ3フレーバーレビュー|Mary Jane(カンナビス)が…

続きを見る

タンジェリンドリームは廃盤になってしまいました(泣)

 

コストパフォーマンス ランキング

やや高額なCBDリキッド。コストパフォーマンスも大事な項目だと思います。リアルタバコ1箱毎日吸っている人は、CBDリキッドに置き換えれば、十分代金はペイできると思いますし、リアルタバコより圧倒的に健康に良いですが、それでも値段は気になりますよね。

それではいってみましょう!

第1位 Koi CBD VAPE Juice

第1位はKoi CBD。

CBD含有量は、250mg(濃度0.8%)、500mg(濃度1.6%)、1000mg(濃度3.3%)と3種類。

とにかく美味しくコスパが良いです。

30mlで定価250mg4,780円、500㎎ 7,500円、1000㎎ 12,800円

Koiだけ30ml入りで比較し難いので、

10mlに換算するとそれぞれ1,594円2,500円4,266円になります。

CBDを20mg摂取すれば大抵の人はCBD感をキャッチできると思うのでCBD20mgあたりで計算すると、

それぞれ383円300円256円になります。

 

 

第2位 Pharma Hemp CBD E-LIQID

第2位はファーマヘンプ。

CBD含有量は、300㎎(3.0%)と500㎎(5.0%)の2種類。

最高峰のCBD感があり値段もほどほど。CBD感からするコストパフォーマンスも悪くなく、味も悪くありません。

10mlで定価300㎎ 7,780円、500㎎ 7,950円です。

CBD20mgあたりで計算すると、それぞれ519円318円になります。

 

 

第3位 NATUuR CBD E-LIQID 420

第3位はNATUuR。

CBD含有量は、100㎎(1.0%)と200㎎(2.0%)と420㎎(4.2%)の3種類。

上質なCBD感で、どのフレーバーもとても上品な味わいです。

それだけあって値段は、

10mlで定価100㎎ 4,200円、200㎎ 4,580円、420㎎ 7,580円です。

CBD20mgあたりで計算すると、それぞれ840円458円361円になります。

 

 

第4位 Pharma Hemp CBD E-LIQID PREMIUM BLACK

第4位はPharmaHemp PREMIUM BLACK。

CBD含有量は、500㎎(5.0%)。

同じCBD濃度でもCBD感は「別格」です。

値段は、10mlで定価100㎎ 9,800円です。

CBD20mgあたりで計算すると、392円になります。

この価格差なら迷わず「PREMIUM BLACK」をおすすめします。価格差以上のメリットを受理できます。むしろ他のリキッドほどCBDを摂取しなくても十分CBD感をキャッチできるのでむしろお得なんじゃないかと思います。

フルスペクトルによる恩恵も大きい!耐性がつきにくく、天然のカンナビノイドテルペノイドを摂取することができます。

 

 

 

 

メモ

CBDリキッドは基本的に濃度が高い物をおすすめします。CBD1mgあたりの価格も安いですし、大は小を兼ねます。

濃度が低くても沢山吸えば同じでしょ!?と思われるかもしれませんが、VapeのコイルもCBDもあまり熱を加え過ぎるのは良くないので連続して吸ったり長いストロークで吸うのはおすすめしません。

濃度が高い物を回数少なく短く吸うほうが、コイルも長持ちし、CBDを効率良く摂取できます。

 

 

 

まとめ

コストパフォーマンスと味が良いKoiシリーズを常飲リキッド、ベースリキッドととし、特別な時、プレミアムな夜などにNATUuRやPharma Hempを嗜む。

僕はそんな楽しみ方をしています。

CBDを同じ量摂取しても人によってキャッチ具合が違うのもまたCBDリキッドの面白いところ。

Let’s Enjoy Life with CBD

CBDのある生活を楽しみましょう!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エイジ

一時期1日18時労働のブラック企業に勤務。効率的な睡眠とハイパフォーマンスな日々を求め、禁煙を決意し自己啓発に勤しむ。CBDに出会いCBDのパワーに助けられ「CBDのある生活」を研究する35歳。

-CBDリキッドレビュー, Koi, NATUuR, PharmaHemp, 人気記事

Copyright© Life with CBD , 2018 All Rights Reserved.