CBDオイル おすすめランキング

CBD製品ランキング CBD製品レビュー

2021年最新厳選!安心安全「CBDオイル」おすすめ人気ランキングTOP20

2019年1月6日

CBDオイルは舌下に直接垂らして摂取したり、飲み物や食べ物に垂らして摂取できるので、CBD初心者でも始めやすいCBD製品です。

そんなCBDオイルですが、多くのメーカーから販売されているので、どれを選べばいいのか分からない...という人も少なくありません。

そこでこの記事では、CBDオイルの選び方を解説し、おすすめのCBDオイルをランキング形式で紹介します。

CBD初心者の人はもちろん、すでにCBD製品を使っている人にとっても、自分に合ったCBDオイルを選ぶことができる内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

注意ポイント


このランキングで紹介している製品は「オイル」で「経口摂取」用となります。蒸気化して蒸気摂取はできません。

 

CBDリキッドのランキングはこちら

Check
CBDリキッド おすすめランキング
2021年決定版!CBDリキッド個人的おすすめ人気ランキングTOP13

続きを見る

 

CBD高濃度製品のランキングはこちら

Check
CBDワックス&カートリッジ
CBDwax&カートリッジ(高濃度)最強製品おすすめ人気ランキングBEST15

続きを見る

 

CBDグミ&エディブルのランキングはこちら

Check
CBDグミ&エディブルおすすめランキング
2021年最新版!CBDグミ&エディブルおすすめ人気ランキングTOP25

続きを見る

 

CBDコスメのランキングはこちら

Check
CBDコスメおすすめランキング
2021年最新版!CBDコスメおすすめ人気ランキングTOP10

続きを見る

 

CBDオイルの選び方

CBDオイルを選ぶポイントは以下の4つです。

  • CBDの含有量で選ぶ
  • CBDの製法で選ぶ
  • オイルの成分で選ぶ
  • 飲みやすさで選ぶ

CBDオイルの価格は容量や製法によっても異なりますが、安いものは3,000円以下、高いものでは15,000円を超えます。

決して安い価格ではないので、CBDオイル選びに失敗したくない人は、購入前に以下のポイントを抑えておきましょう。

CBDの含有量で選ぶ

一般的にCBDオイルの容量は「ml(ミリリットル)」で表記されており、その中に含まれるCBDの量を「mg(ミリグラム)」で表記されています。

CBD含有量(濃度)が多いほど、よりCBD感(CBDに期待できる効果)が増します。またCBD含有量が多く、含有率が高いCBDオイルほど価格も高い傾向となっています。

CBDの製法で選ぶ

CBD製品は大きく分けて、以下の4つの製法に分類されます。

  • アイソレートCBD(単一CBD製品)
    ヘンプの成分からCBDのみを抽出した99%以上の純度を持つCBD製品
  • テルペン配合CBD
    アイソレートCBDに天然テルペンを加えたCBD製品
  • ブロードスペクトラムCBD
    アイソレートCBDにTHC以外の全カンナビノイドを加えたCBD製品
  • フルスペクトラムCBD
    ヘンプの全カンナビノイドからTHCのみを除去したCBD製品

上記の順番でいうと、CBD感は下にいくほど強くなり(フルスペクトラムCBDがもっとも強い)、CBD製品の価格も高い傾向です。それぞれの製法の違いを詳しく知りたい人は以下の記事でご覧いただけますが、

Check
フルスペクトラム、ブロードスペクトルとは?購入前に知っておきたいCBD製品4つの仕様

続きを見る

簡潔に説明すると、CBDは単独で摂取するよりも、ヘンプに含まれるCBD以外のCBC・CBG・CBNなどのカンナビノイド、テルペン、フラボノイドなどと同時に摂取することで、個々の持つ効果が増長される相乗効果(アントラージュ効果)が期待できます。

アントラージュ効果を得たい人は、ブロードスペクトラムもしくはフルスペクトラムのCBDオイルを選ぶといいでしょう。

オイルの成分で選ぶ

CBDオイルのベースに使われているオイルは、主にオリーブオイル・ヘンプシードオイル・ココナッツオイル(MCT オイル)などがあります。

オリーブオイルは必須脂肪酸のオメガ9を豊富に含まれていて、オリーブオイルがよく使われている地中海料理は世界で最も健康的と評価されています。

ヘンプシードオイル、ココナッツオイル(MCTオイル)は、現代の日本人が不足していると言われている必須脂肪酸オメガ3が豊富です。

またMCTオイルは、一般的な油よりも吸収や分解が早く、脂肪として蓄積されにくいのが特徴。医療現場・スポーツ分野における栄養補給や、生活習慣病予防などでも利用されています。

飲みやすさで選ぶ

CBDオイルの成分によって「飲みやすさ」も異なります。

CBDオイルの独特な苦味が口に合わないという人もいるので、ベースオイルの苦味も確認しておきましょう。

オイル種類苦味レベル
ヘンプシードオイル特に強い
オリーブオイル強い
ココナッツオイル弱い

各CBDオイルに使われているベースオイル以外の原材料によっても異なりますが、ヘンプシードオイルやオリーブオイルは苦味が強くココナッツオイルは苦味が弱いことが多いです。

そのため独特の苦味が得意ではない人やCBD初心者の人は、ベースオイルはココナッツオイル(MCTオイル)を選ぶのがおすすめです。

エイジ
ここからは先述した「CBDオイルの選び方」を交えて、おすすめのCBDオイルをランキング形式で紹介していきます。

第1位:Greeus(グリース) CBDオイル ナチュラル

Greeus(グリース) CBDオイル ナチュラル CBD1500mg 30ml

スイス国産ヘンプを使用した日本製CBDブランド Greeus の CBDオイル。

CBD の他にも CBG、CBDVなど天然由来のカンナビノイドが入っているブロードスペクトラムCBDと新鮮なMCTオイルをギュッと閉じ込める遮光瓶を採用している CBDオイル です。

高品質でありながら価格もリーズナブルなので、CBDオイル選びで失敗したくない人は、Greeus を選んでおけば間違いなし! 今まで使用していたCBDオイルとの違いもすぐ実感できるはず!

睡眠効果の臨床試験を早稲田大学睡眠研究所と共同研究を開始するなど、「安心安全な製品を自分たちの手で届けたい」をコンセプトに掲げる Greeus の企業努力も素晴らしいですね!

レビューをもっと見る

CBD感現在日本で手に入るCBDオイルでは間違いなく最高級クオリティ
飲みやすさクセがなく飲みやすい。万人受けタイプ
コスパ容量10ml CBD500mg 3,197円
容量30ml CBD1500mg 9,800円

CBDオイル1mgあたり単価は、それぞれ6.3円、6.5円

 

第2位:HEMP BABY(ヘンプベイビー) CBDオイル プレミアム

HEMP BABY(ヘンプベイビー) CBDオイル プレミアム CBD600mg 30ml

HEMP BABY は、アメリカ産の100%オーガニック認定 HEMP を使用し、すべての製品は第三者機関の検査により、THC フリー製品であると証明されている、知名度の高い CBDメーカーのひとつ。

HEMP BABY の CBDオイル プレミアム は、フルスペクトラムCBD と MCTオイル がブレンドされた CBDオイル です。

フルスペクトラムCBD は、独特の苦味が強く、飲みづらさがあるものが多いですが、HEMP BABY の CBDオイル は、ココナッツやパームフルーツに含まれる天然成分 MCTオイルとブレンドされているので、とてもまろやかで飲みやすいのが特徴。

また、MCTオイルは CBDオイルに最も相性がいいとオイルなので、CBDオイル本来の力を引き出してくれるので、それぞれの成分のポテンシャルを引き出すアントラージュ効果が抜群!

CBD含有量ラインナップは4種類で、CBDオイル1mgあたりの単価は、他社と比べて安く、かなりコスパが良い。原材料・安全性・コスパ すべてにおいてトップクラスの CBDオイル です。

CBD感アントラージュ効果も感じられる本物の CBDオイル
飲みやすさフルスペなのに、とてもまろやかで飲みやすい
コスパ 容量はすべて 30ml

CBD600mg(濃度2%)で 8,480円

CBD1000mg(濃度3.3%)で 11,800円

CBD2000mg(濃度6.6%)で 22,800円

CBD3000mg(濃度10%)で 33,800円

CBDオイル1mgあたり単価は、それぞれ 14.1円、11.8円、11.4円、11.2円

 

第3位:Aztec(アステカ) CBDオイルドロップス

Aztec(アステカ) CBDオイルドロップス フルスぺクトラムCBD1500mg 10ml

最高級品質のヘンプからCBD製品の生産から販売までしている知名度の高いCBDメーカー Aztec の CBDオイル。

CBDオイル1本10mlの中に、フルスペクトラムCBD が1500mg も含まれていて価格は19,800円。コスパは CBDオイル の中でトップクラス!

フルスペクトラム の CBDオイル は高濃度になるほど喉に辛味を感じることが多いですが、この Aztec CBDオイルドロップス は非常に滑らかで飲みやすい。

ラインナップはCBD含有量が 500mg・1500mg・4000mg の3種類。含有量が多いほど CBDオイル1mgあたりの単価が安くてお得!

ヘンプの味をしっかり感じたい人におすすめの CBDオイル。

CBD感数あるフルスペクトラムCBDオイルの中では圧倒的
飲みやすさ滑らかで飲みやすいが、全面的にヘンプの味がするので好みが分かれる
コスパ容量10ml CBD500mg で 9800円

容量10ml CBD1500mg で 19,800円

容量10ml CBD4500mg で 39,800円

CBDオイル1mgあたり単価は、それぞれ 19.6円、13.2円、9.9円

 

第4位:プレミアムブラックオイルドロップ CBD660mg

6.6% プレミアムブラックオイルドロップ Premium Black Oil Drop 660mgCBD/10ml

CBDオイルならコレ!PharmaHemp社からオイルも「PREMIUM BLACK」が登場。CBDが660mlも入ってフルスペクトルで9800円は驚愕のコストパフォーンス。質も安心安全のPharmaHempクオリティ。

フルスペクトラム特有の「苦味」はあるものの、まさに良薬は口に苦し。PharmaHemp社のCBD製品のクオリティは成分表、メーカーのこだわり、自身の体感、を知れば知るほどトップメーカーだと思います。

コスト的にもこのクオリティでこの価格は凄いと思います。

悩みレベルが大きく、本物のCBDオイルを求めている方には是非おすすめです。

CBD感日本で手に入るCBDオイルではトップレベル
飲みやすさ慣れるは慣れますが苦いです。
コスパオイル容量10ml CBD660mg で9800円

CBDオイル1mgあたり単価は14.8円

 

 

第5位:Greeus CBDソフトカプセル

Greeus CBDソフトカプセル 1粒CBD5mg

高品質で安心安全なCBD製品を取り扱うブランド Greeus の CBDソフトカプセル。

オール植物性のサプリメントで、スーパーフードとも呼ばれる栄養価の高いヘンプシードが含まれていたり、CBD が腸にまで届いて直接働きかけてくれる高品質の健康補助食品です。

CBDソフトカプセルの製造方法はブロードスペクトラム。CBD 以外のカンナビノイド (CBG、CBDVなど)も含まれているので、アントラージュ効果が期待できますね。

CBD が直接腸に届いているからなのか、寝る前に飲んだ翌朝は身体のだるさがなく、スッキリ目覚めることができます。

CBDオイルのサプリメントの中では1番良いですね。ラインナップは2つ(30粒入り・120粒入り)。120入りの方がCBD1mgあたりの単価が安くてコスパ良いです。

CBD感腸に CBD が直接働きかけてくれる
飲みやすさ小粒なので飲みやすい
コスパ内容量:7.83g(30粒入り)CBD含有量:150mg 価格:2,980円

内容量:31.32g(120粒入り)CBD含有量:600mg 価格:9,800円

CBD1mgあたりの単価は、それぞれ19.8円、16.3円

 

第6位:Koi NATURALS, LEMON-LIME 1000mg

Koi NATURALS, LEMON-LIME 1000mg フルスペクトラム CBD オイル / 30ml

米国CBDブランド「Koi」社より「CBDオイル」の登場です。オイル容量30mlでCBD1000mgタイプ仕様のものとオイル容量60mlでCBD3000mgタイプがあります。

フルスペクトラムCBDオイル特有の「苦味」・「飲みにくさ」・「後味の悪さ」を一切感じさせないCBDオイルです。

ココナッツオイル+天然香料により飲みやすく、さらにコストパーフォマンスも素晴らしく、とても続けやすいです。

CBD感フルスペクトラムで確かな満足
飲みやすさまるでジュース!?とも思えるほど飲みやい
コスパオイル容量30ml CBD1000mg で11,500円

オイル容量60ml CBD3000mg で28,800円

CBD1mgあたりの単価は、それぞれ11.5円、9.6円

 

第7位:オイルドロップ CBD500mg

5%CBDオイルドロップ CBD500mg/10ml

CBD濃度5%のエントリーモデル。CBDオイル初めての方ならまずコレ!こちらもPharmaHemp社のヘンプフルスペクトル仕様。PharmaHemp社の質を是非一度体験してみて下さい。

 

CBD感PharmaHemp社のフルスペクトラムCBDオイルは間違いなし
飲みやすさ苦い、飲みにくい、後味悪い
コスパオイル容量10ml CBD500mg で7,980円

CBD1mgあたり15.9円

 

第8位:CBDfxティンクチャー

CBDfxティンクチャー CBD1000mg 30ml

世界61カ国に輸出しているアメリカの CBD トップメーカーのひとつである CBDfx のティンクチャーオイル。

オールナチュラルの自然由来成分にこだわった本製品は、オーガニック栽培の産業用ヘンプから抽出されたブロードスペクトラムCBDが配合されています。

フレーバーは全3種類(レモンライムミント・ライチレモンキウイ・ブルーベリーパイナップルレモン)。どのフレーバーも独特な苦みがなく飲みやすい。

ティンクチャー自体はCBD濃度3.3%とあまり高くないので、CBDオイルを初めて試すという方でも抵抗なく飲むことができるのでおすすめです。

レビューをもっと見る

CBD感CBD濃度通り
飲みやすさクセがなく飲みやすい
コスパ CBD含有量1000mg CBD濃度3.3% 価格9,800円

CBD1mgあたりの単価は、9.8円

 

第9位:hemp touch(ヘンプタッチ) CBDオイル ゴールド

hemp touch(ヘンプタッチ) CBDオイル ゴールド CBD500mg 10ml

製造する全ての CBD製品 の全原材料が植物ベースである CBDメーカー hemp touch(ヘンプタッチ) の CBDオイル。

ブロードスペクトラムCBD なので、フルスペクトラムCBD のオイルと比べると CBD感 の物足りなさがある。

ノンフレーバーですが、ほんの少しだけヘンプの香りと味がします。無味無臭と言っていいくらい、全くクセがなくて飲みやすい。

CBD含有量は(300mg、500mg、1000mg、1500mg、3000mg)の5つのラインナップ。CBD1mgあたりの単価は、他ブランドの平均よりコスパが良いです。

CBD感フルスペクトラムCBD と比べると物足りない
飲みやすさクセがなく飲みやすい
コスパCBD含有量300mg 4,980円

CBD含有量500mg 7,280円

CBD含有量1000mg 14,780円

CBD含有量1500mg 21,980円

CBD含有量3000mg 39,800円

CBD1mgあたりの単価は、それぞれ16.6円、14.5円、14.7円、14.6円、13.2円

 

第10位:CBDfx ソフトジェルカプセル

CBDfx ソフトジェルカプセル 1粒CBD25mg

アメリカやヨーロッパ・日本をはじめ世界20か国以上で親しまれる米国最大手のCBDブランドCBDfxのソフトジェルカプセル。

CBDfxソフトジェルカプセルは、その名の通り柔らかいゼラチンカプセルでCBDオイルをコーティングしたサプリメントです。

 

CBDfxの安全性の高いCBDオイルがカプセルに入ることで、飲みやすく持ち運びにも便利な仕様になっています。

他メーカーのCBDカプセルは、カンナビノイドがCBDのみというものが多いですが、CBDfxのソフトジェルカプセルCBGやCBDVも含まれています。

レビューをもっと見る

CBD感摂取後じんわりと実感
飲みやすさ一般的なサプリの大きさで無味無臭
コスパ内容量 30粒入り CBD含有量 1粒25㎎(1ボトル750㎎)価格9,800円

CBD1mgあたりの単価は、13円

 

第11位:CANNA RIVER(カンナリバー)CBDティンクチャーオイル

CANNA RIVER(カンナリバー)CBDティンクチャーオイル 60ml CBD1000mg 濃度1.6%

自社で所有するアメリカ・ケンタッキー州の麻畑で生産されたオーガニックヘンプを使用した CANNA RIVER(カンナリバー)の CBDオイル。

CANNA RIVER の製造工場は、CBDメーカーでは珍しく、アメリカの米国食品医薬局(FDA)が定めた食品品質の基準 cGMP を取得し、徹底した品質管理を行っています。

CBD濃度 のラインナップは3種類(濃度1.6%・濃度4.2%・濃度8.3%)。

ブロードスペクトラムCBD とはいえ、濃度1.6% だと CBD感 は物足りないので、CBD感 を重視するなら 濃度4.2% 以上のオイルがいいでしょう。

CBD1mgあたりの単価は、他社の CBDオイル と比較するとかなり安いです。コスパだけを重視するなら CANNA RIVER 一択ですね。

CBD感CBD濃度通り
飲みやすさMCTオイルをブレンドしているので飲みやすい
コスパ 内容量60ml CBD含有量1000mg(濃度1.6%) 6,800円

内容量60ml CBD含有量2500mg(濃度4.2%) 14,800円

内容量60ml CBD含有量5000mg(濃度8.3%) 22,800円

CBD1mgあたりの単価は、それぞれ6.8円、5.9円、4.6円

 

第12位:Canna Tech(キャナテック)CBDオイル

Canna Tech(キャナテック)CBDオイル 10ml CBD500mg

アメリカコロラド州の大地の恵みをたっぷりと吸収して育ったオーガニックヘンプのみを使用した Canna Tech(キャナテック)の CBDオイル。

MCTオイル と ブロードスペクトラム CBD を組み合わせたオイルで、フレーバーはノンフレーバーの1種類。

CBD感 は濃度どおりと一般的ですが、とにかくコスパが良い!他社の CBDオイル と比較すると、CBD1mgあたりの単価がかなり安い。

ブロードスペクトラムCBD でコスパが良い CBDオイル が欲しいという人におすすめ。

CBD感CBD濃度通り
飲みやすさノンフレーバーなので無味無臭
コスパ

内容量10ml CBD含有量500mg 5,980円

内容量10ml CBD含有量1000mg 9,980円

内容量30ml CBD含有量300mg 2,980円

内容量1000mg CBD含有量1000mg 9,980円

CBD1mgあたりの単価は、それぞれ11.9円、9.9円、9.9円、9.9円

 

第13位:MED TERRA(メディテラ)CBDオイル ティンクチャー

MED TERRA(メディテラ)CBDオイル ティンクチャー 30ml CBD1000mg

カリフォルニアで生まれた CBDブランド MED TERRA(メディテラ)の CBD ティンクチャーオイル。

Non-GMO(非遺伝子組換え作物)のヘンプから抽出し、MCTオイル と アイソレートCBD を組み合わせたオイルです。

ピュアCBD のオイルの中では CBD感 の満足度は高いが、フルスペの CBDオイル と比べるとリラックス感は物足りない。アイソレートCBD のオイルを探している人にはおすすめ。

CBD含有量は(250mg、500mg、1000mg、3000mg)の4つのラインナップ。CBD1mgあたりの単価は、他ブランドの平均より安く、コスパが良い CBDオイル です。

CBD感アイソレートCBD の中では満足度は高い
飲みやすさクセがなく飲みやすい
コスパCBD含有量250mg(容量15ml) 3,980円

CBD含有量500mg(容量30ml) 6,780円

CBD含有量1000mg(容量30ml) 10,480円

CBD含有量3000mg(容量30ml) 23,800円

CBD1mgあたりの単価は、それぞれ15.9円、13.6円、10.5円、7.9円

 

第14位:+WEED(プラスウィード)CBDオイル

+WEED(プラスウィード)CBDオイル 30ml CBD1000mg

カンナビノイドだけでなく麻の活性化合物を多く含んだフルスペクトラムCBDの製品を製造・販売している+WEED(プラスウィード)が手掛けるCBDオイル。

濃度は全6種類で、それぞれ1,000㎎刻み。

フルスペクトラムCBDということもあり、チル感をしっかり感じられ、寝る前のリラックスタイムにピッタリだと感じました。

CBD1㎎あたりの値段をみると高濃度のものの方が安く、コストパフォーマンスに優れているという価格設定です。

CBD感満足度の高いチル感。さすがフルスペクトラム。
飲みやすさピリピリ感あり。はじめはちょっとキツいかも
コスパ 容量:すべて30ml
CBD含有量:1000㎎・2000㎎・3000㎎・4000㎎・5000㎎・6000㎎
価格:19,332円・30,132円・40,932円・51,732円・62,532円・73,332円

CBDオイル1mg単価:19.3円、15円、13.6円、12.9円、 12.5円、12.2円

 

第15位:organi(オルガニ)CBDオイル

organi(オルガニ)CBD1000mg 30ml

カリフォルニアのオーガニックCBDブランド organi(オルガニ)の CBDオイル。

原料はオーガニック素材にこだわり、合成着色料・合成香料は不使用、THCも完全にフリーの CBDオイルです。

フレーバーは全4種(ラベンダー、レモン、ペパーミント、ナチュラル)。

アイソレートCBD なので フルスペクトラムCBD のように、CBD以外のカンナビノイド、テルペン、クロロフィル等が含まれいないため、CBDだけの効果を実感できるCBDオイルですね。

1滴だと CBD感 は物足りなさがあるので、3~4滴で使うと CBD感 を実感しやすいかも。

CBD感CBD単体なので物足りなさはある
飲みやすさクセがなく飲みやすい
コスパCBD含有量1000mg CBD濃度3.3% 価格9,800円

CBD1mgあたりの単価は、9.8円

 

第16位:ロウCBDオイル ドロップス300mg

ロウCBDオイル ドロップス300mg CBD+CBDa(3%)

エンドカの看板商品ロウヘンプCBDオイル3%。生のCBDと言われるCBDa(カンナビジオール酸)を配合し、CBDをより一層引き立てます。コストパフォーマンスにも優れ初めての1本におすすめです。

エンドカ社はCBDaを配合していますが、熱を加えることによりCBDaがCBDになる(CBD以外のカンナビノイドも熱を加えると「a」がなくなる)研究報告も多数あり、CBDaをそのまま摂取した場合の効果はまだ不明な部分もあります。

しかしエンドカ社言えばCBDを少しかじれば多くの人が知っているブランド。CBDaの今後の展開が楽しみです。

CBD感CBD濃度通り
飲みやすさベースオイルはヘンプシードオイルなので苦味あり
コスパオイル容量10ml CBD300mg で4980円

CBD1mgあたりは16.6円

 

第17位:CANNA PRESSO(カンナプレッソ)CBDオイル

CANNA PRESSO(カンナプレッソ)CBDオイル 10ml CBD500mg

純度99%の アイソレートCBD を使用している CANNA PRESSO(カンナプレッソ)の CBDオイル。

MCTオイル と アイソレートCBD を組み合わせたオイルで、フレーバーは4種類(MANGO・STRAWBERRY・OG KUSH・FLAVORLESS)。

他のCBDブランドでも人気のフレーバーばかりなので、好き嫌いの好みが分かれない万人受けする CBD オイルですね。

アイソレートCBD ということもあり、CBD感 の満足度は濃度通り。

CBD含有量は(100mg、500mg、1000mg、2000mg)の4つのラインナップ。CBD1mgあたりの単価は、CBD濃度 が高いものは相場、CBD濃度 が低いものは高めの価格です。

CBD感CBD濃度通り
飲みやすさクセがなく飲みやすい
コスパ容量はすべて 10ml

CBD含有量100mg 3,980円

CBD含有量500mg 8,900円

CBD含有量1000mg 13,900円

CBD含有量2000mg 26,900円

CBD1mgあたりの単価は、それぞれ39.8円、17.8円、13.9円、13.4円

 

第18位:Healthy TOKYO(ヘルシートーキョー) CBDオイル

Healthy TOKYO(ヘルシートーキョー) CBDオイル CBD1200mg 20ml

ヴィーガンフードとCBD製品ショップとして、国内で多くのメディアで紹介されているHealthy TOKYO(ヘルシー・トーキョー)のCBDオイル。

東京都内を中心に店舗を構えているHealthy TOKYOでは、CBDタイプ2種類(アイソレート・ブロードスペクトラム)・3つのフレーバー(ナチュラルヘンプ・ゆず・ハッカミント)のCBDオイルを販売。

各フレーバーで2種類の濃度から選ぶことができます。

今回はHealthyTOKYO CBDオイル 6% ゆずフレーバー 20mlを試してみましたが、ゆず感強めの和テイストが美味しい!

ただ肝心のCBD体感度ですが、本当にブロードスペクトラム?と思ってしまうほど特に変化は感じなかったです。

他メーカーと比べて価格も高いので、リピートすることは今のところないですね。

CBD感チル感に関しては満足できなかった
飲みやすさ飲みやすくて美味しい
コスパ 容量は 20ml

CBD1200mg(濃度6%)で 19,500円

CBDオイル1mgあたり単価は、12.1円

 

第19位:麻の一滴 CBDサプリメント

麻の一滴 CBDサプリメント CBD300mg

日本のCBDブランド NatuLo(ナチュロ)のCBDサプリメント「麻の一滴」。

販売会社は株式会社ヘルシードール。麻の一滴は、サプリメントの他にもグミ・バーム・入浴剤などのCBD製品があります。

SNSでの評判では「寝付きがよくなった」「睡眠の質が改善できた」というコメントもあったので期待していましたが、推奨摂取量では特に変化を感じません。

摂取量を5粒に増やしてやっと少しだけ変化を感じるレベルです。サプリメントなので個人差があると思いますが、自分はリピしないですね。。

CBDサプリメントで後悔したくないなら上位の Greeus が間違いないですね。

CBD感推奨摂取量では変化なし
飲みやすさ小粒なので飲みやすい
コスパ内容量:150mg(30粒) CBD含有量:300mg(1粒10mg) 価格:6,980円

CBD1mgあたりの単価は、23.2円

 

第20位:SUPPLE PLUS(サプリプラス)CBDオイル

SUPPLE PLUS(サプリプラス)CBDオイル 200mg 50ml

無農薬栽培されたヘンプを使用した SUPPLE PLUS(サプリプラス)の CBDオイル。

フルスペクトラムCBD なので、少し期待していましたが、CBD感 はイマイチですね...

摂取量を増やせば、イライラした気持ちの緩和やストレス解消などのリラックス感は若干ある気がしますが、濃度も0.4%なので他社の CBDオイル には劣ります。

あと、日本でボトリング(瓶詰めする工程)したり、安全性の確認を行っていても、原産国が不明なので正直あまり信用できない...

他社の CBDオイル と比べると CBD1mg あたりの単価も高く、コスパが悪い。

SUPPLE PLUS のおすすめポイントを挙げるのは難しいですが、あえて挙げるなら フルスペクトラムCBD 特有の苦味 を感じられることだけですね。

CBD感推奨摂取量では変化なし
飲みやすさフルスペクトラムCBD 特有の苦味がある
コスパ 内容量50ml CBD含有量200mg(濃度0.4%)価格4,989円

CBD1mgあたりの単価は、24.9円

まとめ

以上、CBDオイルの選び方を解説し、おすすめのCBDオイルをランキング形式で紹介しました。

CBDオイルは舌下に直接垂らして摂取したり、飲み物や食べ物に垂らして摂取できるので、CBD初心者でも始めやすいCBD製品です。

ただし一言でCBDオイルといっても、ベースオイルによってCBD独特の苦味、含有量によってCBD感が異なります。

またCBDオイルの価格は容量や製法によっても異なりますが、安いものは3,000円以下、高いものでは15,000円を超えます。

決して安い価格ではないので、CBDオイル選びで失敗しないためにも、購入前には今回紹介した「CBDオイルの選び方」を参考にし、自分にあったCBDオイルを選んでみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エイジ

一時期1日18時労働のブラック企業に勤務。効率的な睡眠とハイパフォーマンスな日々を求め、禁煙を決意し自己啓発に勤しむ。CBDに出会いCBDのパワーに助けられ「CBDのある生活」を研究する35歳。

-CBD製品ランキング, CBD製品レビュー

Copyright© Life with CBD , 2021 All Rights Reserved.