CANNAPRESSO CBD製品レビュー

CANNAPRESSO CBDリキッド マンゴーフレーバー1000mg【レビュー】

投稿日:2018年8月18日 更新日:

CANNAPRESSO社のCBDリキッド「Mango(マンゴー)Flavor」をレビューして行きたいと思います。

カンナプレッソ社製 CBDリキッド の基本スペック

  • メーカー名:CANNAPRESSO(カンナプレッソ社)
  • 原産国:米国
  • 容量:15ml
  • CBD量(濃度):100mg(0.67%)・300mg(2.0%)・500mg(3.34%)・1000mg(6.67%)
  • VGPG比:不明
  • フレーバー:Mango(マンゴー)
  • 値段:3,300円・5,980円・7,980円・11,980円

米国からの日本入荷新ブランド「CANNAPRESSO(カンナプレッソ)」です。

CBD濃度が4種類ありCBD濃度からするコストパフォーマンスはトップクラスです。

フレーバーは全9種類、

  1. Menthol
  2. Cherry Mint
  3. Grape blackcurran
  4. Tabacco
  5. Straw melon ice
  6. Strawberry
  7. Natural hemp
  8. Mango
  9. Flavorless

と、種類が豊富です。

 

早速吸ってみる

 

レビューで使用するデバイスはJUSTFOG社の「C601」。フレーバーごとにPODを用意すれば、気軽にいろいろフレーバーを楽しめるのでとても気に入っています。

CANNAPRESSO社のボトルは先端がニードルボトルのように尖っており、C601でもとてもリキッドの補充やしやすいです。これは便利です。

それでは吸ってみます。

エイジ
ぷは~

マンゴーのジューシーさが伝わってきます。

エイジ
これはウマい!

いままでいくつかマンゴーフレーバーも吸ってきたましが、その中でもCANNAPRESSO社のマンゴーフレーバーは上位に入る美味しさ。

今回購入したCBDリキッドはCBD含有量1000mg(CBD濃度6.67%)タイプ。CBDリキッドとしてはかなり高濃度の部類になります。

やはり高濃度ということもあり、CBD感はしっかりキャッチできました。CBDリキッド特有のCBDキック(喉・肺への衝撃)もそれほどキツイと感じはありません。

 

まとめ

とにかくコスパ最高峰の「カンナプレッソ」のCBDリキッド。

フレーバーも豊富で常飲リキッドの一つとして「あり」だと思います。

 

カンナプレッソ社製 4つの濃度はこちら

 

Check
2019年決定版!CBDリキッド個人的おすすめランキングTOP13

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エイジ

一時期1日18時労働のブラック企業に勤務。効率的な睡眠とハイパフォーマンスな日々を求め、禁煙を決意し自己啓発に勤しむ。CBDに出会いCBDのパワーに助けられ「CBDのある生活」を研究する35歳。

-CANNAPRESSO, CBD製品レビュー

Copyright© Life with CBD , 2019 All Rights Reserved.