【CBN】AZTEC(アステカ)使い捨てカートリッジを吸ってみたレビュー【CBN450mg+CBD50mg】

CBD CBD製品レビュー

【CBN】AZTEC(アステカ)使い捨てカートリッジを吸ってみたレビュー【CBN450mg+CBD50mg】

オーガニック栽培のヘンプを使い、製品の安全性にこだわりをもった製品づくりで有名なAZTEC社から、待望のCBDカートリッジが登場!

カンナビノイドの含有量は1本にCBN450mg+CBD50mg。フレーバーはO.G.KUSHとNothern Lightsの2種類ありますが、

「キック感、吸い心地はどうなのか?」
「チル感はどのくらい?」
「フレーバーの違いは?」

など気になっている人もいるでしょう。

そこで、今回はAZTECのCBNカートリッジを実際に使ってみたレビューを紹介します!

AZTEC(アステカ)CBNカートリッジ の商品概要

AZTEC CBNカートリッジ

基本スペック

メーカーAZTEC(アステカ)
原産国イギリス
容量1ml
カンナビノイド配合量CBN含有量450mg(濃度45% )
CBD含有量50mg(濃度5%)
原材料有機麻抽出オイル、天然テルペン
フレーバー2種 O.G.KUSH / Nothern Lights
価格7,700円

AZTEC社とは

ヨーロッパで人気のCBD製品ブランドであるAZTECは、元となるヘンプの品種別にカートリッジを展開しています。

EU内で最高級品質ヘンプを原料にした商品を製造が強みで、無農薬の有機栽培にこだわり、抽出方法も化学物質の残らない方法で行われています。

AZTEC CBDカートリッジとの違い

今回紹介するのはAZTECのCBNカートリッジですが、以前から販売されているCBDカートリッジもあります。

違いは以下の通りです。

AZTECCBNカートリッジCBDカートリッジ
容量1.0ml0.5ml
含有カンナビノイドCBN450mg+CBD50mgCBD275mg
フレーバーO.G.KUSH / Nothern LightsO.G.KUSH / ZKITTLEZ
価格7,700円8,800円

CBNカートリッジはCBDカートリッジと比べると、容量も0.5ml増量、CBNも追加されているにもかかわらず、価格は1000円ほど安くなっています。

ハイクオリティでコスパも良くなっているので発売開始から人気となっているのも納得ですね。

AZTEC CBNカートリッジ の成分分析表(COA)

AZTEC CBNカートリッジ COA

COAとは、Certificate of Analysisの略称で「分析証明書」の事を意味します。

COAを見ると、日本では違法とされ成分THCを含んでいないことが分かる他、公表されているカンナビノイドがしっかり既定の含有量配合されていることも確認できます。

AZTEC CBNカートリッジのCOAを見てみると、

CBN:45%
CBD:5.76%
THC:ND=非検出

と記載されています。

製品の安全性にこだわりをもった製品づくりで有名なAZTEC社なので、安心して使うことができますね。

CBNとは

CBNとは、麻に含まれる活性化合物「カンナビノイド」の一種で、正式名称をCannabinol(カンナビノール)と言います。

CBNの強みは、体内の2つの受容体に直接働きかけを行うことができるという点にあります。

CB1…脳内に多く分布している受容体で、主に中枢神経系の働きに作用する。
例)海馬(記憶・ストレス)・辺縁系(不安)・大脳皮質(痛み)・脳幹神経節(睡眠)

CB2…全身の至るところに分布している受容体で、末梢神経系の働きに作用する。
例)免疫細胞・消化管・骨・内分泌腺・内蔵(心臓・肝臓・膵臓・腎臓)・骨

これら2つの受容体に、CBNは高い親和性を持ち合わせています。これらの受容体はカンナビノイド受容体とも呼ばれ、人間の体内に最も多く存在する受容体です。大麻が万能薬かのように多様な力をもっているのは、脳内だけでなく身体中あらゆる場所でこの受容体を通して力を発揮できるからだと考えられています。

体内に取り込まれたCBNは血流にのって全身を巡る過程でこれらの受容体に直接働きかけをおこないます。これはCBDにはない特徴で、間接的に影響を与えるのではなく直接働きかけができるため、より高いサポート力があるものと考えられています。

AZTEC(アステカ)CBNカートリッジ の使い方

AZTEC CBNカートリッジ

カートリッジの上下に付けいている透明のキャップ外す。

AZTEC CBNカートリッジ

本体のヴェポライザー(別売り)に装着。
ヴェポライザーを持っていない人は別途購入すれば使えますが、AZTECのCBNカートリッジとヴェポライザーのお得なセット商品もあります。
AZTEC CBNカートリッジ ヴェポライザー セットの詳細を見る

AZTEC CBNカートリッジ

あとはヴェポライザーの電源ボタンを押しながら吸引するだけ!

 

AZTEC(アステカ)CBNカートリッジ を吸ってみた感想

AZTEC CBNカートリッジ のフレーバーは2種類(O.G.KUSH / Nothern Lights)あります。

それぞれ吸ってみた感想を紹介しています。

フレーバー:O.G.KUSH(オージー・クッシュ)

AZTEC CBNカートリッジ

緑パッケージ:世界的にも人気の品種「O.G.KUSH」。

特有の青々しさとレモンの香りで、O.G.KUSHを忠実に再現されています。柑橘系が好みの人はO.G.KUSHを選べば間違いなし。

エイジ
キック感はそこまで強くないので吸いやすい

今回のカートリッジはCBNがメインで含まれているからなのか、従来のCBDカートリッジよりもリラックス感は増している感じがします。

エイジ
1パフ(1回吸う)だけで満足感はありますが、2~3パフで十分に満足感を得られます

吸入摂取は、オイルなどの経口摂取、グミやキャンディなどの経口摂取など、様々な摂取方法の中で効果発現までの時間が一番早いのが特徴。

摂取後なるべく早く実感したい人にもぴったりです。

フレーバー:Nothern Lights(ノーザンライツ)

AZTEC CBNカートリッジ

青色パッケージ:世界で最も有名で人気のあるインディカ株の一つ「Nothern Lights」。

土っぽい香りがあり、キャンディーや花のようなほんわりした甘さがあります。

エイジ
ラベンダーのような強い香りではなく、落ち着きを感じさせてくれる上品な香り

キック感はO.G.KUSHと同じくらいです。

どちらのフレーバーも香り豊かでクオリティが高いですが、個人的にはNothern Lightsの方が気に入っています。

O.G.KUSHは従来のCBDカートリッジにもあったので、なんとなく香りは想像はできていましたが、Nothern Lightsはこれまでにない香りで新鮮ですね。

まとめ

AZTEC(アステカ)CBNカートリッジの要点をまとめると、

  • ヨーロッパで人気のCBD製品ブランド
  • 従来のCBDカートリッジと比べると、容量・CBN追加・低価格
  • フレーバーは2種、どちらも人気品種で香り豊かでクオリティが高い
  • メンテナンス不要で吸引タイプ初心者にもぴったり

オーガニック栽培のヘンプを使い、抽出法には超臨界CO2を採用するなど、製品の安全性にこだわりをもった製品づくりで有名なAZTECのCBNカートリッジ。

気になる方はチェックしてみてください。
詳しくはこちら↓
AZTEC CBNカートリッジ CBN450mg+CBD50mg 1.0ml
AZTEC CBNカートリッジ
AZTEC CBNカートリッジ の詳細を見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エイジ

一時期1日18時労働のブラック企業に勤務。効率的な睡眠とハイパフォーマンスな日々を求め、禁煙を決意し自己啓発に勤しむ。CBDに出会いCBDのパワーに助けられ「CBDのある生活」を研究する35歳。

-CBD, CBD製品レビュー

Copyright© Life with CBD , 2021 All Rights Reserved.