CBDについて

CBD(カンナビジオール)に依存性・耐性はあるのか?

更新日:

僕個人的には、CBDに特に強い依存性や耐性があるようには感じないが、ちょっと気になったので調べてみました。

いろいろ調べてみた結果、CBD単体についての依存性・耐性についてはわかりませんでした。

そこでCBDを含めたカンナビジオール、つまりヘンプ(マリファナ)まで対象範囲を広げて調べてみると、とても面白いデータが見つかりました。

ジャック・ヘニングフィールド博士のデータ

国立薬物乱用研究所のジャック・ヘニングフィールド博士の評価を銀座東京クリニックの福田一典院長が講演して内容が一番わかりやすいと思ったので、それを引用させてもらうことにします。

離脱症状 切望感 耐性 依存性 陶酔性
ニコチン 3 4 2 1 5
ヘロイン 2 2 1 2 2
コカイン 4 1 4 3 3
アルコール 1 3 3 4 1
カフェイン 5 6 5 5 6
マリファナ 6 5 6 6 4

※1が最も強く、6が最も弱い

・離脱症状:運用している薬物を完全に断った時に禁断症状が現れること。身体依存を意味する。

・切望感:薬の使用を止められない状態、精神依存を意味する。

・耐性:長期の使用によって、同じ効果を得るために摂取量が増えていくこと。

・依存性:薬の使用を止められない状態になること。

・陶酔性:気持ちよく酔う状態で、その結果、本人や社会に及ぼす害の程度。

引用元:福田一典院長 講演

マリファナ自体でどの項目も「弱い」か「最も弱い」です。

僕はマリファナも、もちろんヘロインやコカインなんてやったことがありません。しかしニコチン・アルコール・カフェインは一般レベルで使用経験があります。

そのニコチン・アルコール・カフェインよりマリファナが弱い数値を示してることに驚きです。

マリファナからハイになる主成分であるTHCを取り除た、CBD製品がより弱い数値を示すだろうことは容易に想像ができます。

まとめ

ニコチンからCBDに乗り換え、量が増えていくこと、依存してしまうこと、が唯一の懸念事項でした。

そのような実感はとくになかったですが、それを裏付けるデータがあってより安心しました。

ただ、アルコールはどの項目もかなり「強い」数値を示しているので、飲み過ぎには注意が必要だと痛感しました(笑)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エイジ

一時期1日18時労働のブラック企業に勤務。効率的な睡眠とハイパフォーマンスな日々を求め、禁煙を決意し自己啓発に勤しむ。CBDに出会いCBDのパワーに助けられ「CBDのある生活」を研究する35歳。

-CBDについて

Copyright© Life with CBD , 2018 All Rights Reserved.