CBDについて

大麻リキッドとCBDリキッドの違い

投稿日:

2017年8月29日の産経ニュースより、「大麻リキッド」が蔓延の兆しを見せているようです。

法で厳しく規制されている大麻を液体状に加工した「大麻リキッド」が、繁華街などで蔓延(まんえん)の兆しを見せ始めている。

大麻が合法化されている海外から密輸され、利用者が急増している電子たばこと組み合わせて使用されているという。

乾燥大麻や自生大麻のような独特の臭いがなく、周囲に使用が発覚しにくいことが特徴だ。

幻覚成分を濃縮した「大麻ワックス」の摘発も相次いでおり、巷には大麻の加工品があふれている。捜査当局は「大麻乱用を助長する恐れがある」と警戒を強めている。

引用:産経ニュース

大麻リキッドとは?

大麻リキッドとは大麻草から、大麻の主要成分でもあるTHC(テトラヒドロカンナビノール)を凝縮させた、電子タバコ用の専用液です。

THCは精神活性化作用・陶酔作用(ハイになる成分)があると言われており、日本では大麻取締法により、THCの所有は違法となります。

アメリカやヨーロッパの多くの国で医療用大麻の解禁が進み、一部では嗜好品としても認められている大麻。

でも日本では、うっかり知人から「ただのVapeリキッドだよー」なんてもらっただけで警察行きになってしまいます。

CBDリキッドとは?

やたやCBDリキッドは、大麻草から採れるというのは同じものの、採れる部位・成分・体感(効果)は全く異なるものになります。

詳しくは下記の記事をご覧いただきたいのですが、

全く別ものです。

僕はCBDに偉大ななる可能性を感じているので、大麻リキッドの蔓延により、CBDの可能性が阻害されるようなことになれば、大変残念です。

そんなことにならない為にも、日本ではCBDリキッドを嗜みましょう!

CBDでも濃度さえ自分にあったレベルにすれば十分リラックスできます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エイジ

一時期1日18時労働のブラック企業に勤務。効率的な睡眠とハイパフォーマンスな日々を求め、禁煙を決意し自己啓発に勤しむ。CBDに出会いCBDのパワーに助けられ「CBDのある生活」を研究する35歳。

-CBDについて

Copyright© Life with CBD , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.